遺品の相続

家族が亡くなった後に残るのは悲しい気持ちと遺品です。

そのため、家族がなくなったあとにやらないといけないのもまた、遺品整理です。

その遺品整理をしている間に、とても値打ちのあるものが出てきたら、遺品の相続をする必要があります。

基本的には父親が亡くなった場合、財産の半分は母親に行き、残りを子供が人数分に分けるという事になります。

そのため、子供が二人兄弟だった場合、100%の遺産のうち、50%を母親が、25%ずつを子供二人がもらうという計算になります。

ですが遺品となると話が変わってきます。

遺品は物です。

もちろん値打ちのあるものはお金に換算して分配するのもまた手ですが、例えば思い出の品などが出てくるとなると、子供は二人とも欲しいと言ってくるかも知れません。

そんな時にどのようにして対処したらいいのでしょうか。

法的に考える、それは二人のうちどちらに相応しいかを決める裁判になります。

ですが、遺品の取り合いで裁判を起こすのは、亡くなった人からしてもとても悲しい事態でしょう。

そのため、なるべく兄弟どうし、または親子同士でけんかにならないように話し合いで解決するのをお勧めします。

さて、その場合どうしたら言いかになりますが、簡単にじゃんけんなんかで決められればすっきりするのですが、普通はそうは行きませんね。

そうならないように、お互いに始めにルールを決めておくと、そのような事態になった時にお互い簡単に終わるかもしれません。

■参考リンク》http://www.alanscustomlab.com/